こんにちは。埼玉県川口市の買主に寄り添ったバイヤーズエージェント・リプロのWEB担当です。
本日は土地活用のよくある質問について詳しく説明していきたいと思います!
そもそも土地活用ってなんのこと?の方の為に補足しておきますと、土地活用の定義としては

低利用地や未利用地を、現状よりも有効に活用すること。具体的な方法としては、住宅地などの場合は、容積率、建ぺい率を最大限にいかした賃貸住宅や賃貸併用住宅、店舗併用住宅などのプランが考えられる

ということになります。
あ!うちにも確か余っていた土地があったわ!なんて、思い出してくれる方がいると嬉しいのですが、それはさておき、、、
では一体、どんな活用があるか紹介します。

更地なら駐車場!

一番手っ取り早く、足を踏み入れやすいのが駐車場になります。
駐車場にすることで自然に地面を固めるということにも繋がりますので数年後、その土地に建物を建てられる方も多く人気です。
賃貸経営とは違って、管理が楽という点も人気の理由のようです。

賃貸マンション(賃貸アパート)

しかし賃貸経営は大きなプロジェクトになりますので、費用もだいぶかかります。
建てたは良いけど負債ばかりにならない?という声も聞こえてきそうですね。
はい、ご心配の通り、賃貸住宅の家賃収入を老後の収入源としてあてにしていたのに、思ったほど収益が上がらなかった・・・などという話をよく聞きますが、そもそも、賃貸経営の成否は、企画の段階で80%が決まると言われます。
一度、建物を建ててしまってからでは変更ができないことも理由のひとつです。しかし、適切な企画に基づいて建設された物件であれば、本来は収益性の非常に高い資産となるはずです。
ただし、駅から遠い、あまり人気ではない、などというエリアの場合は家賃を高くすると空室物件が出てしまう恐れもあるので要注意です。

売却

管理もしたくないし、費用もない、けど土地が余っているんだよねって方も少なくないと思います。
その場合は、思い切って売却するというのも手かもしれません。
持っているだけで税金はかかりますし、相続人がいなく活用方法の目処がないのであれば逆に無駄になる可能性もあります。売却を考えている方は一度、土地価値の評価だけでもしてもらうと判断材料になるかもしれませんね。弊社でもご相談お受けしておりますので、ぜひご利用くださいませ^^

リプロのリニュアル仲介では、
資産の下がりにくい中古住宅の物件選びから
物件状況調査、リノベーション工事までワンストップでお手伝い!

■不動産の資産価値を即座に判断
セルフインスペクションアプリ「SelFin」(ご利用は無料です)
 
「全ての物件情報」が「AI評価」付きで「24時間以内」に届く「物件提案ロボ」(ご利用は無料です)
 
■リプロのリニュアル仲介
資産価値の下がりにくい住宅購入を徹底サポー

電話:0120-535-401
FAX:048-211-1598